ブロックチェーンとは|ブロックチェーンの仕組み!

はじめに
今は、スマートフォンを持っている人が増えました。少し前は、ガラケーの方が良いと言う人が多かったですが、今はスマホの便利さや普及率が進んでいるのが現状です。

ビットコインは、というと。仮想通貨の一種ということは知っていますが、それほど詳しい人は少ないと思います。

スマホの時と同じですね!

ビットコインは、ブロックチェーンという技術で安全に保たれ機能しています。

今日は、ブロックチェーンについて勉強してみましょう!

スポンサードリンク

ブロックチェーンを一言で説明すると

ブロックチェーンを一言で説明すると、データを改ざんできないようにする新しい記録技術です。

ブロックチェーンの誰でもわかる説明


ブロックチェーンは、データを共有しみんなで不正を防げれば良いな~という考えで作られたと言われています。

例えば、AさんからBさんへ1万円送金したとします。もしBさんが届いてないよと嘘を付いてしまったら、Aさんが2万円損しますよね。

でも、その取引をCさんが見ていればBさんを助けることが出来ますね!

こういった、他の人にも取引情報が分かるようになっていれば、改ざんできないと言う発想から、ブロックチェーンが生まれたと言われています。

もう一度、まとめてみると


ブロックチェーンとは?

・データを改ざんできないようにする新しい記録技術
・他の人にも取引情報が分かる
・みんなで不正を防ぐ

少し分かって気がしてきましたね!

ブロックチェーン仕組みとは


ブロックチェーンとは、鎖の様に繋がれた仕組み等と言われています。

では、ブロックとチェーンを分けて考えて見ましょう~。

ブロックとは?


ブロックチェーンの「ブロック」とは、台帳のようなもので取引が行われると、AさんのビットコインがBさんに送られた。とデータに残る事です。このデータは10分毎に増えていく仕組みになっています。

チェーンとは?


ブロックチェーンの「チェーン」とは、取引されたデータ「ブロック」が次のブロックに繋がっていく仕組みです。ブロック(台帳)が繋がって行く事から、他の人と取引する場合に前のブロック(台帳)も確認できることから、このブロックはチェーンで繋がっているという事になります。

ハッシュ値とは?

ビットコインについて、ハッシュ関数というのは無くてはならないものです。いったい「ハッシュ値」や「ハッシュ関数」てなんなのでしょうか?

ハッシュ値とは、復元できない値です。この復元できない値を導くのがハッシュ関数です。

この「復元できない値」を使って暗号化しているという事になります。

ビットコインの送金の承認行為は


ビットコインの送金の承認行為は、他人が承認するシステムとなっています。

どういうことかと言うと、AさんからBさんへ1BIT送金するとします。その承認行為は、CDEFの他の人が行う事で取引が正しいか確認しているのです。

正しいかどうかの判定は、「ハッシュ関数」「ハッシュ値」により確認します。

ビットコイン送金の承認行為の仕組みとは

・適当な数字を考える
・適当な数字を「ハッシュ関数」を用いて「ハッシュ値」にする
・正しい文字列の場合は、「承認」する
・不正な文字列は、却下!

と言うような仕組みなっています。この承認行為が10分程度で行われると聞いてびっくりしました。

ビットコインの運営上になくてはならないのが、「ハッシュ関数」であり「ハッシュ値」だという事がお分かりいただけたと思います。

最後に

今やスマホが誰しもが持っている時代になりました。一昔前では考えられなかったことですね。ビットコインもおそらくスマホと同じではないでしょうか?

数年後、ビットコインでの取引がスマホで出来るようになり財布が要らない時代が来るかもしれませんね。

ですので、今からビットコイン等の仕組みについても少しづつ勉強していたほうが良いと思いました。

今は、大量にビットコインを購入することは止めた方が良いと言われていますので自分に合った数だけ購入し少しづつなれるようにしましょう~!

DMM Bitcoinについて

スポンサードリンク

この記事を読まれている方は、コチラも読まれています