夏のボーナス2018!支給日はいつ?もう待ちきれないので調べた!

じめじめっとした梅雨のシーズンになりました。
前髪はうねるし、洗濯物乾かないですね!

いつでもドンヨリとした空模様に、気持ちも暗~くなりますよね。

その中でも、このフレーズを聞くとテンションが少しでも上がる!という方もいるのでは??

それは・・・夏のボーナス!!

夏のボーナス!なんて心地よい響き!!!

私は、冬のボーナスが支給された直後から夏のボーナスが欲しくてワクワクしていましたが、2018年は、一体いつ頃が支給日なんでしょう??

もう我慢できないので、ウキウキしながらチェックをしてみましたよー!

スポンサードリンク

2018年の夏のボーナスの支給日はいつ?

夏のボーナス支給日は、公務員と民間企業で少々違いがあるようです。

なので、それぞれご紹介します。

2018年の夏のボーナス支給日は

ずばり!!

公務員は6月30日!
民間企業は7月初旬!(が多い!)

夏のボーナス支給日は、公務員の方が少し早いんですね。私はは民間企業に勤めているので、羨ましい!

でもこれにはちゃんとした理由があるんですよ!

公務員のボーナス支給日は決まっている?

国家公務員のボーナス支給日は、法律で定められているんですよ!ということで2018年に限らず、毎年6月30日なんですね。

しっかり決まってるということであれば、色々な計画が立てやすくて良いですね!

民間企業のボーナス支給日はバラバラ

先ほど7月初旬と記載しましたが、実はその企業によって支給日にかなりバラつきがありますよね。

その中でも、多いのが7月初旬で10日頃や、金曜日に多いようですね。

企業によっては6月中旬という所や、7月の中旬頃に支給される場合もあります。

ちなみに民間企業に勤めている私の周りの人たちは以下の通りです。

● 私の今の会社⇒6月20日頃
● 営業職の友人⇒6月15日
● 医療業の友人⇒7月20日頃
● 医療業の家族⇒7月10日頃
● 事務職の妹1⇒8月25日(給料日に同時支給)
● 事務兼秘書の妹2⇒7月前半(7~10日頃)

というデータが出ました。(※順次追加予定)

公務員は正確に6月30日!と決まっているのに比べて、民間企業だと支給日に驚くほどバラつきがある、というのが現実のようですね。

特に、支給日が6月15日だという友人。私より5日早いので驚きました。でも私も早い方だと思います。正直羨ましいと言われます。

ちなみに7月20日頃という医療業の友人は、会社自体の給料の支給体制の関係で遅めなのだと言っていました。
その会社は、

● 通常の給料の締め切り日の5日後が給料の支給日(もの凄いスピーディ!うわぁお)
● その後にボーナスの計算が始まる
● 7月10日!? 無理無理、絶対間に合わないと思う!
● 7月20日ならバッチリ余裕か!(予定より早く終わると2~3日早く支給されるらしい)

という状態らしいです。ですので、同じように締め切り日と給料の支給日が近い会社にお勤めの場合は、ボーナスの支給日は遅めかもしれませんね。

さてこのように、支給日が大体わかったら、次に気になるのは夏のボーナスの支給額でしょう!というわけで、サクっと調べてみました、夏のボーナスの平均支給額!

気になる夏のボーナスの平均支給額は!

気になるボーナスの支給額は・・・民間企業だと、夏のボーナスは基本給の大体1~1.5ヶ月分、多くて2ヶ月分というのが相場のようですね。(大企業だと夏冬合わせて6カ月を超える所もあるのだとか・・・凄いっす!!

私だと、今の会社では平均3ヶ月分てとこですかね。業績が良いと3.5~4ヶ月くらい出ていましたが、これからどうなる事か・・・・

でも、中小企業だとボーナス無しの所が全体の4割前後のようなので、下がったとしても出るだけありがたいですね。ほんとほんと!(支払いやら貯金やらであっという間になくなっちゃいますが・・・)

ちなみにボーナスの計算方法は、給与明細に書かれている「基本給」の項目を使います。

資格やら何やらの手当てがついていない数値で誰もがご存知だと思います。

基本給 × 1(ヶ月)=●●円

この●●円が支給されるボーナスの額になりますが・・・
ここで終わりではありませんよ!

● 雇用保険
● 厚生年金
● 健康保険
● 介護保険(40歳以降の方が健康保険料に含まれている)
● 所得税

などの社会保険が引かれた金額が、手取りの支給額になります。結構引かれます。

私は13万円くらい引かれます。(その月の給料からも引かれます・・・8万円位)

てことは、21万円も税金を払っているの~と今気が付きました・・・うそ~

ボーナス(賞与)なのになんで税金が引かれるの!?
っていつも思うのは私だけでしょうか?

調べてみると、ボーナスというのは税務上では「給与所得」として扱われているからなのだとか。

確かに毎月の給与明細からは社会保険もろもろ引かれてますね。ガックリ。

最後に

公務員のボーナス支給日は6月30日(法律で決まっている)
民間企業のボーナス支給日は、その企業によって違う!

早くて6月15日~遅いと8月。平均すると7月初旬に支給される企業が多い!

民間企業の夏のボーナスは、大体6月中旬から7月中旬と、けっこうバラつきがあるんですね~。

6月中旬なんて、本当に羨ましいと思われますよね!6月中旬くらいからボーナス商戦が始まるし、先に支給されていると買い物の計画も立てやすいですよね!

でも一回くらい、ボーナス分をまるまる使ってパーっと海外旅行とか行きたいなー!

スポンサードリンク

この記事を読まれている方は、コチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする