ゴールデンウィークカレンダー2018年

はじめに
2018年のゴールデンウィークはなんと9連休になる人もいます。でも9日も休みになったら、どうしましょうか?今から予定を経てておかないと、ただ長い休みになるだけですね。

旅行に行く場合は、どこに行くかで込み具合も違ってきますし、旅行に掛かるお金も変ってきます。

今回は、2018年のゴールデンウィークのカレンダーを見て予定を経てて頂きたいので写真でUPしました。

まずは、カレンダーをみて予定を経てましょう!

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク2018年は9連休

ゴールデンウィーク2018年は9連休という事で、カレンダーを見ますと5月1日と2日が間に入っています。

ご覧の通りですね。
4月28日~5月6日まで休みとなれば、9連休になります。

・ 4月28日 土曜日
4月29日 昭和の日
4月30日 振替休日
・ 5月01日 平日(火曜日)
・ 5月02日 平日(水曜日)
5月03日 憲法記念日
5月04日 みどりの日
5月05日 子供の日
5月06日 日曜日

さて、この連休どのように過ごしますか?

ゴールデンウィークはディズニーに行く?

今年のディズニーランドは35周年となっておりますので、ディスニーランド・シーに行く場合は混雑を覚悟して行くって下さい。

⇒ディズニーランド・シーのゴールデンウィーク混雑状況?2018年

皆が好きなディズニーランド・シーですが、今年のゴールデンウィーク激混みになるかもしれませんね?

ゴールデンウィークの穴場は?

さて、旅行に行くといってもどこに行けばいいのか?穴場はないのかと良く聞くのでご紹介したいと思います。

1. 青ヶ島(東京都)
2. 城南島海浜公園(東京都)
3. ユーシン渓谷(神奈川県)
4. 服部牧場(神奈川県)
5. 野島公園(神奈川県)
6. 長瀞(埼玉県)
7. ツインリンクもてぎ(栃木県)
8. 尻焼温泉(群馬県)
9. 天城グリーンガーデン・道の駅 天城越え(静岡県)
10. サントリー白州蒸留所(山梨県)

10選しましたが、中でも青ヶ島が良いのではないかと思い青ヶ島の写真を載せておきます。

色々と、青ヶ島の事を調べていたら行きたくなった来ました。昼は島の冒険、夜は焼酎で青魚を頂く!!なんて幸せな時間だと思いませんか?友達誘って行こう~。しかも、本土からの直行便がないので八丈島からの経由になります。

アクセス
・本土~八丈島
羽田空港から飛行機で約1時間、もしくは竹芝桟橋から船で約11時間
・八丈島~青ヶ島
ヘリで約20分、もしくは船で約2時間30分
※ ただし、船の就航率は50~60%程度
・宿泊先の情報
公式サイト(宿泊情報など)

最後に

いかがでしたか?9連休になってしまったらどう考えますか?ゆっくり過ごすのも良いですし、アクティブに動くのも良いでしょう!。

混雑が予想される場所へ行く方は、事故などに合わない様に気を付けて行ってきて下さい。

私も9連休にしようか悩んでいますが、もし9連休になったら、テニスを頑張ってやろうかと思っています。

では良い休みにしてください。

スポンサードリンク

この記事を読まれている方は、コチラも読まれています