雛人形はいつから出していつ収納する?

はじめに

3月3日はひな祭りですね。
弟の家では長女の為に義母から雛人形をプレゼントされたそうです。現在では長女のお気に入りのお雛様になっています。

弟の家は新築ですが、飾るスペースが少ないので、コンパクトなタイプの選びました。これがまた、嫁が気にいっていてとっても可愛いらしいです。

出せば娘が大変喜ぶのですが、やっぱり嫁の方が早く飾りたくて致し方ないらしいです。女の人は雛人形を飾るのが楽しみで仕方ないみたいですね!

そういう理由でひな祭りの準備をするシーズンを首を長くして待っているようですが、雛人形って飾る時期に適した日ってあると思いますか?

遠い昔からある歓喜事だし、ちゃんと明確になってるかなと。そういうわけで今回については、雛人形を飾る日はいつが良いのか?チェックして纏めてみることにしました。片づける日にちについてもご案内してますので参考にしてください。

スポンサードリンク

雛人形はいつ出して飾る?2018年は

調査してみると、雛人形はこの時に出して飾る! といった日時は、別に決まっていないみたいです。いつも適当に出していた人は安心したと思います。

でも、飾るのにお奨めだと定められている日は?

それは、 立春・ 大安・ 雨水の日になります。
1つずつを少し詳しく解説してみます。

立春


雛人形を飾るの日に良い日とされるのが立春と言われています!立春と言いますのは、2月3日の春の節分の翌日のことになります。

立春とは、鬼は外でご存知の豆まきで、春を迎え入れる縁起の素晴らしい日であると言われています。ですので災厄が去った初旬が良いとされていますので、2月の第1週目頃で天気が良い日を狙って飾るのがとても縁起が良いとされています。

今はスマホで天気が事前に分かってしまうので準備するのに迷わないと思います。便利な世の中になりましたね。という事で、2018年の立春は2月4日になります。早く飾りたい方は、2月4日の天気を確認すると良いでしょう~。

大安


大安とは、六曜の一つで大吉日と言われて言われていますよね。六曜(ろくよう、りくよう)とは、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口とカレンダーに書かれていると思いますので見て下さい。結婚式は当然「大安」が良いですし、お葬式は「友引」を避けた方が良いとされてます。

それでは、2018年の立春以降の大安はいつなのでしょうか?

●2月9日(金)
●2月15日(木)
●2月20日(火)
●2月26日(月)

4日ありますので、良いお天気でありますように!晴れるように、てるてる坊主を飾っておきますね。ちなみに、てるてる坊主の由来知ってますか?

てるてる坊主の歌を思い出そう!由来と効果は?逆さにすると?

ところで、仏滅ではない日でも吉の日がある事は知っていますか?以下の、友引・先勝・先負・赤口でも吉の日があるみたいですよ!

・友引・・・朝と夕が吉となっている
・先勝・・・午前中が吉となっている
・先負・・・午後から吉となっている
・赤口・・・正午ころ吉となっている

雨水の日

雨水の日とは、空から降る雪がだんだん雨に変わり氷がやがて水に変わると言われていて、2月19日頃を指します。それは、立春から数えて15日目の事を言い春にはまだほど遠いのですが、三寒四温を繰り返し春に向かっていく

とても素晴らしい時期なのです。この頃に、雛人形を飾ると良縁に恵まれると言われています。三寒四温とは、寒い日が3日続くと暖かい日が4日続くという意味で冬の終わりももうすぐだよーという意味です。

2018年の雨水の日は、2月19日になりますのでそれを狙って雛人形を飾るのも縁起が良いと思います。しかし、2月19日は「仏滅」となってます。2月20日が大安ですので、20日に飾るのも良いかと思います。

雛人形を収納する時期はいつがいい?

もし2月4日に飾るとなると、約1カ月間に渡り我々を楽しませてくれるお雛様ですが、収納する時期はいつが良いのでしょうか?

せっかく飾ったのに、ひな祭が終わったからといってあっという間に片付けてしまうのは本当に寂しいと思います。手間ひまかけて飾った雛人形も、あっという間に仕舞う時期になりますね。

雛人形を仕舞う時期とは?色々と調べてみましたが、これについても確実に決まっていないと思われます。とは言うものの、雛人形を飾るタイミング同様、仕舞うタイミングにも良いと言われている時期がありました。

啓蟄の日

「けいちつ」と読みますが、啓蟄の日が雛人形を片付けるのに良いとされています。何故なのでしょうか?ちなみに時期は、3月5日~3月19日になり春分の日の1日前までとなります。

飾るのに最適なのが、「雨水の日」となっているので、次の節目で「啓蟄の日」が雛人形を仕舞うのに最適だと言われているそうです。何とも単純な理由なんですね!でも節目で何かをするのは、メリハリがあって分かりやすいと感じました。

この節目と聞いて分かりやすいのが、夏至・冬至・春分・秋分ですね。4つの節目の共通点ですが太陽の動きによって、分けられているという事になります。

最後に

どうでしたか?日本人は古くから節目を大事にすることで色んな行事を行って来たんですね。そろそろ春が近づいてくる時期になりました。これから色んな行事が増えてきますね。

女の子がいる家は、雛人形。男の子は鯉のぼり。運動会やお祭り。ちょっとした事を調べてみると日本の文化が少しわかって、行事を行う上でも楽しみが増えると思います。私も皆さんの為になるように勉強しながらお伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク

この記事を読まれている方は、コチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする