ノロウイルスの症状?大人と子供では潜伏期間が違う?

はじめに
ノロウイルスの症状?大人と子供では潜伏期間が違う?何事か!!このごろ下痢が続いてるな~とか、ちょっとだけ吐気がするのですけど~?うそ?冗談だよね??まさかノロウイルスに掛かったかな?いやいや、そんなはずはない大丈夫!と考えるそちらのあなた方!

仮に、それでノロウイルスに感染していたんだったら大惨事ですね!家族にも伝染するし、職場でもウイルスを撒き散らしたりして知人は大災難だと思います。

ちょっと経ってから、原因があなた自身であるとバレれば、大変なことになるじゃないですか?それを回避するためにも、今日しっかりとノロウイルスの症状を確かめておくことが大切です。

スポンサードリンク

小さな子の症状と様子

①小さな子は嘔吐しやすい


ノロウイルスの重要な症状としまして、嘔吐・下痢・微熱・頭痛などがあります。小さな子に関しましては、嘔吐の症状が激しく現れます。乳幼児など小さい子供の場合では、発熱とチクチクとした腹痛が生じることもあるでしょう。

この腹痛は一定間隔でやってきますが、行き過ぎた気苦労は不要です。それどころか、配慮しなければいけないとされるのは脱水症状の方です。

②脱水症状に用心が必要!


小さな子は重症になると、水がのどを通らなくなって薬さえ飲めず、脱水症状を発生させる可能性があります。極めて安心できない実態にありますので、直ちに近辺の医療機関へ行くことが重要だと思います。

ノロウイルスの成人の症状について

大人は子供とは異なり免疫も備わっているお陰で、ほとんどのケースでは、大したことない風邪レベルの症状で済むのです。しかしながら、ひとたび発症すると、短い期間ではありますが、小さな子よりも極めて強烈な症状が出ることが大半です。

また、大人は嘔吐よりも下痢の症状が激しく見られる確率が高いようです。

とりわけ高齢者の方は深刻化することが多いので気をつける必要があります。なぜかというと、高齢者の方は小さな子や成人と比べて、身体中の水分が少ない為に、小さい子供さんと同じくらいに、脱水症状になる事が想定出来るというわけです。

感染者の3割については症状無し

ノロウイルスの特徴として、自覚症状が見られない感染者が多いことが挙げられます。感染者の約3割はまるで自覚が見られません。しかしながら、症状が無くて、発症者と同じ程度の感染力を持っているようですので、インフルエンザと比較してみて余程深刻な病だと聞いています。

この時期は、誰がノロウイルスに感染していてもおかしくありません。しかも感染期間は人によって違うので、さらに厄介です。

詳しくはこちら↓

⇒ ノロウイルス潜伏期間!予防に効果発揮!予防サポート商品はこれ!

100%防ぐには、1パーセントも外に出ないことが一番重要ですが、そう簡単にも出来ないので、絶対に予防すると良いでしょう。

ノロウイルスの予防法について

ノロウイルスの予防法は以下の通りになります。

・帰宅したら調理前や食事前には必ず手を綺麗にする
・手を洗う場合には、石鹸と温水で30秒以上掛けてしっかり洗い流す
・調理より前に、調理器具を熱湯で消毒し殺菌しておく
・貝類を食べる場合には、85度以上で1分以上加熱してから口に入れる
・野菜や果物は入念に洗い流ししてから食べる
・ノロウイルス患者のいる状況では、糞便と嘔吐物の処理法には気を付ける
糞便や嘔吐物の処理方法の際は、コチラを参照してすることをおすすめします。

ノロウイルスの症状が良くなったら?食事はいつから普通に戻す?

おすすめの商品は?


今のおすすめは上でご紹介した除菌消臭水AQ200になります。これは働省認可の食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」とpH調整剤並びに水との調合操作をオリジナルなコンピューター制御によって作出した、弱酸性の次亜塩素酸水ということです。肌に優しく、安全で介護医療にも大活躍の商品です。感染症およびウイルス除去になり、食中毒防止になります。その他、カビ対策、トイレ消臭、調理器具の殺菌、生ごみ消臭にも役立つ商品になります。

ノロウイルスというのは感染経路が多種多様!

今回の整理

ノロウイルスの症状というのは??
1.小さな子は嘔吐が強く発症する
2.小さな子は発熱が伴う状況も
3.成人は下痢が強烈に起きる
4.小さい子や高齢者の方は脱水症状に用心する事
5.感染者の3割については症状が出ない事もあるが周囲に感染する可能性がある

感染経路をシャットアウト


自分の身の回りなどでも、思いもよらない所にノロウイルスが潜んでいるのです。

感染経路に関して詳細を関心のある場合は、この記事も確認しておきましょうね。

ノロウイルスの感染経路と対策!牡蠣で感染に注意!

最後に

いかがでしたか?小さな子供さんがいるご家庭では消毒など念入りにしなといけませんね。お子さんから感染する場合もありますし、もし感染してしまったら会社を休まないと駄目になりますからね!お互いに気を付けて寒い冬を乗り越えましょう~!

スポンサードリンク

この記事を読まれている方は、コチラも読まれています