肺炎に子供が掛かった時の症状?感染しない為の予防法

はじめに
肺炎に子供が掛かった時の症状てどうなるのか?お母さんは心配ではないですか?感染しないために手洗いうがいなどをして予防をしていると思います。

肺に炎症が起きると肺炎となります。では風邪は?ウイルスが体内に侵入し鼻水・咳が出ると風邪と診断されますよね?このウイルスが外に排出しないで肺に到達すると、肺炎となるのです。

さて症状ですが、肺炎の種類によって少し異なるようです。おおよそ3つに分類されますのでご紹介しますね。

・ウイルス性肺炎
インフルエンザウイルスやアデノウイルスなどによる
・細菌性肺炎
肺炎球菌やインフルエンザ菌などによる
・非定型肺炎
マイコプラズマやクラミジアなどによる

スポンサードリンク

子供が肺炎にかかる原因と症状は?

さて、子供が肺炎にかかる原因と症状について詳しく解説していきたいと思います。症状や原因が分かっていれば対処も早いと思いますので少し安心ですね。予防について動画がありましたのでご紹介いたします。

ウイルス性肺炎の症状について

子どもの肺炎でもよく見られるウイルス性肺炎とは、RSウイルスが原因になることが多いと言われています。他にもインフルエンザウイルス、エンテロウイルスも原因になりますので早めに病院に行くことをお勧めします。

また風邪と同じような症状が発症し、鼻水・咳などが出ます。その後、発熱・頭痛・嘔吐などの症状が出てきますのでとても苦しいのではないか?と思います。細菌性肺炎と合併しているケースも多くありますので気を付けなくてはいけません。

ここ重要なんですが、生後6ヶ月以下の赤ちゃんがウイルス性肺炎に掛った場合、なんと症状が急に悪化することがあります。それから場合によって、チアノーゼや呼吸困難を招くこともありとても怖いです。
※チアノーゼとは
血液中の酸素が欠乏して皮膚や粘膜が紫藍色になることをいう。心臓病,肺炎,肺結核などのほか,局所の血行障害でも起り,四肢末端,口唇などに強く現れる。

細菌性肺炎の症状について

細菌が軌道を通って侵入するのがほとんどで、細胞まで到達すると発症します。たとえば食物などが、なんらかの理由で、誤って喉頭と気管に入ってしまう状態を誤嚥(ごえん)と呼びますが、誤嚥が原因の場合もあります。喉などに何らかの障害がある人は気を付けて下さい。

症状としては、発熱・咳・膿性の痰が見られます。膿性の痰とは、黄色や緑色の痰の事です。そういえば、私も高校生の時に出た記憶があります。とても気持ち悪かった記憶があります。

また、胸痛が見られた場合は胸膜への炎症が疑われます。胸の痛みが現れ、呼吸困難となることもあるようですので気を付けて下さい。私も、咳が沢山出ときに胸が痛くなった時がありました。本当に痛かったです。

非定型肺炎の症状について

代表的なのがマイコプラズマ肺炎で、病原微生物によって起こります。5歳から9歳頃の子どもがよくかかると言われていますので、手洗いうがいは必ず行って下さい。

潜伏期間が2週間から3週間ほどあり、発熱・頭痛・全身の倦怠感が出るのが特徴です。これって、風邪の酷いときによく似てますね?咳は長引きどんどん酷くなる傾向がありますので、単なる風の咳と思っていたら違っていた!なんてよくあります。

私の弟も咳が止まらないと、先日言っていまして病院に行ったらこの肺炎に掛っていたそうです。今は良くなったと言っていましたが身近に起きると心配になりますね。私も気を付けようと思い最近はマスクをしています。他人からの感染を予防する事も必要ですね。

子供の肺炎の予防法は?

やはり風邪に掛からないようにすることが一番の予防になると思います。ではどうすれば良いのでしょうか?普段はマスクを着用し、手洗いうがいを徹底してください。そして少しでもおかしいと思ったら、直ぐに病院に行くことが風邪を悪化させないためになります。

それから、ワクチンを接種することはとても重要なことではないかと思います。小学生・中学生は学校で打てます。でもワクチンを打ったからといって、マスクをしないで通学している。手洗いうがいも時々しかしないでは、予防にはなりませんのでお母さんはその辺をうるさくても良いので注意するようにしましょう!

最後に

私も幼少の頃は、よく風邪を引いて寝込みました。熱が出てとても苦しい思いをした記憶があります。そんな時、母親が作ったバナナジュースはとても美味しかったです。結構病弱だったかもしれません。

ある時、風邪を引いて実家に居たんですがトイレに行く途中目眩がして倒れた時があります。その時、おばあさんはびっくりして近くのお医者さんを呼んだんです。近くのおばさんも駆けつけてくれて、「死ぬなよ」と言われました。なんか鮮明に覚えています。まっ私はそこまででは無かったので、えっ死ぬなよ??て思いましたが、「うん」と頷きました。

30年以上も昔のことですから、その頃は手洗いうがいなどはほとんどしていませんでした。マスクなんかもしたことなかったんじゃないかなと思います。

最近は、良いマスクもありますし手洗い用の石鹸も沢山出ています。お子さんが面倒にならないようにグッズでだまして習慣付けましょう!まだもう少し寒い時期が続きますので風邪なんか引かないように、きちんと予防しましょう。

そして、来年になったらワクチンも入荷すると病院から聞きましたので、早めに接種しインフルエンザに掛からないよう気をつけましょう!

スポンサードリンク

この記事を読まれている方は、コチラも読まれています