結婚式|スピーチ 新郎として

はじめに
結婚式のスピーチは、新郎にとって重要になってきますよね。そして、凄く緊張すると思います。実際、私も結婚式と披露宴の時にスピーチをしました。私の場合は、結婚式は親族のみで行い、披露宴は友人と行いました。ですので、これから紹介するウェルカムスピーチと謝辞を2回ずつ行ってます。式前は凄く緊張して、当日は意外と落ち着いて出来ました。でも、親族との式の時は感極まって涙ぐんじゃいました。皆さんにも、すこしでもお役に立てれば幸いです。

ウェルカムスピーチの例

ウェルカムスピーチは、来て頂いた方に今日はありがとうございます。という感じでお話しできればスムーズにいくと思います。でも緊張して、度忘れしないよう練習してくださいね。それと自信のない方は、便箋に書いてそのまま読むか、袖やポケットに閉まっておくことをお勧めします。読んでも全然大丈夫ですので、恥ずかしがらずに堂々とスピーチして下さい。

それでは、私がスピーチした内容を例としてご紹介します。

【結婚式】

本日は大変お忙しい中、私たちのためにお越しいただきまして誠にありがとうございます。さて、さきほど私たちは〇〇〇〇〇の神聖なる神前におきまして、夫婦の誓いを立てました。私たちは、これより夫婦として手をとりあって歩んでいける喜びとともに、その責任感に身が引き締まる思いでございます。
なにより、このような佳き日を迎えることができましたのは、皆様のおかげでございます。
ささやかではございますが、少しでも日頃の感謝の気持ちをお伝えいたしたく、お食事をご用意させていただきました。
短い時間ではございますが、お楽しみいただけましたら幸いでございます。

【披露宴】

みなさま、本日はお忙しい中、私たちのためにお集まりいただきありがとうございます。
私たちは、親族に見守られる中、〇〇月〇〇日に挙式を行い、夫婦となることができました。
披露宴をみなさまに楽しんでもらうために、「ああしよう、こうしよう」と、ふたりで料理や会場の装飾まで一生懸命考えました。
そして、私も妻も本日はこれ以上ないほどに美男美女に仕上がっておりますので、遠慮なく写真に残していただければと思います。

それではみなさま、短い時間ではありますが、お開きまで楽しみましょう!

謝辞の例

謝辞は、最後の締めです。今日はありがとうございました。という気持ちを込めてお話ししましょう~。緊張しないで出来れば良いのですが、中々上手く行きませんよね。でも大丈夫です。上でも書きましたが、便箋に書いて袖かポケットに仕舞っておくか、そのまま読みましょう。でも棒読みにならない様に、練習はしましょうね。

【結婚式】

本日はご多用の中、私どもの結婚式にご列席いただきまして誠にありがとうございます。普段よりお世話になっている皆様とこのように楽しく、幸せな時間を過ごせましたこと、大変うれしく思っております。
これからはどんなことでもふたりで話し合い、支えあい、励ましあいながら、温かな家庭を築いていきたいと思います。
未熟なふたりですので、皆様にご迷惑をおかけすることがあるかとは思いますが、その際はご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
結びになりますが、皆様のご健勝とご多幸をお祈りして、私からの挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

【披露宴】

本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にお集まりいただきありがとうございました。
本日は皆様から、たくさんの身に余るご祝辞をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。
この披露宴の準備を通じ、私たちがどれほどたくさんの方々に支えられ愛情をかけてもらっていたかを改めて知る事ができました。

本日、皆様からいただいた励ましのお言葉やアドバイスを胸に二人で力を合わせて健康で笑いのたえない家庭を築いていきたいと思っています。

皆様には、これからいろいろとお助けいただく場面もあるかと思いますがどうか今後ともご指導ご鞭撻のほど心から宜しくお願い申し上げます。

本日は本当にありがとうございました。

結婚を考えている方へ

中々結婚に踏み切れない方へ!
私は、出会って2ヶ月で結婚を決めました。
少しでも参考になればと思います。
下手な文章ですが、お見合いの内容だとか
結婚までのバタバタした感じが伝わるかなと思います。

→結婚式までのお見合いなどの記事

最後に

緊張はするものです。本番では、相手に気持ちが伝わるか?そして感謝の気持ちをスピーチ出来れば良いのではないでしょうか?一生に一度の結婚式!がんばりましょう~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする